ひのきの香り論争

  • 2018年10月31日

こんばんは!横浜・川崎・町田・神奈川・東京のフラワーセレモニーはなたびの NO 任せっぱなし隊長ゆうかです!

・いつもいつも任されてしまう
・なんでもいいよ!と言われるのが一番辛いことをわかってもらえない
・せっかく決めたのに、そこで横槍ー!?!(笑)
などなど、いつも頼りになるからこそ、任せられてしまう。
責任感が人一倍強いから任せられてしまう。
と言う方、お葬式で困っているー!というなら、ぜひ0120-0303-55をくださいね!

隊長として全力サポート致します😊☝️

さて今日も早速いっちゃいます!!

ひのきの香り論争

です。

母はひのきの香りが大好きなんです。
だからこそ、最期は大好きな香りで逝きたいようなのです。

なぜこんな話になったかと言うと、今回母が手術を受けることになり、母が死生観のようなものをつらつらと話し始めたことがキッカケでした。

母「ひのきの棺がいいんだよねー。あの香りに包まれて逝きたいのよ。あんまり葬儀代用意できないんだけど、これだけは譲れないんだよね〜」

ゆうか(以下ゆ)「え!?!あんま用意できないの?(笑)結構高いよー!しかもすぐ収骨にはならないよー😅でもさ、死んじゃったらにおいってわからなくない?」

母「死んじゃってからだって、やっぱり好きな香りの方がいいじゃん。死臭とかも吸い取ってくれそうだし(母は副鼻腔炎、鼻炎のくせに鼻がいい。副鼻腔炎、鼻炎じゃなくなったら、どんだけいいのか😓)」

ゆ「死臭とか気にするんだね(笑)ひのきの棺は生の木だから、ほんと時間かかるんだよね。そしたら、収骨まで時間あるから、斎場でごはんだね。でもひまちゃん(すぐ下の妹)はひのきの棺は高いから普通の棺にしてひのきボール入れたらよくない?とか提案してきそうで怖い(笑)」

母「ああああ、あるかもね〜(笑)全然お母さんお金用意してないから、無理だよーとか言いながら、余った分は山分けしようとか言いそうだよね、ひまは!(性格は本当に良い子です。ただお金にがめついキャラなのです(笑))ひのきボールだけじゃなくて、ひのきの桶とかも入れてくれそうだわ、ひまは(笑)」

ゆ「うん、桶とか入れそう。せめてもの罪滅ぼしって感じでー(笑)でもそれでひのきは良いの?棺じゃなくて。」

母「うん、いっかなー(笑)」

ゆ「いいんかい!😅」

 

毎回毎回くどいくらい書いてしまっていますが、こうやって笑って話せるうちに色々最期の要望を聞いておいた方が、遺される側もいざというとき送ってあげるヒントが増えますよ😊

 

さてさて本当の“ひのき論争”は母を送り出す時!(笑)

ひまちゃんと私どうなることやら(笑)

 

ページの上へスクロールする